WordPressへの引っ越し作業中
ゲイ・LGBT

ゲイのぼくが、何故ネトウヨだったか。〜ネトウヨ系ゲイが生まれる理由〜

夏はもう、家にいたい。みんなすばるです。

実はぼく、元ネトウヨなんですよね。

ネトウヨとは、

インターネットの電子掲示板上などで、右翼的、国粋主義的、国家主義的、復古主義的な主張をする人たちを意味する

ネット右翼 – Wikipediaより

「ゲイってリベラルなんじゃないの?」と思ったら大間違い。

平気でフェイスブックに嫌韓動画をシェアしたり、

友達に「日本は韓国を植民地化したことないんだって」とか言ってた時期がありました。

(大反省)

だから、現役ネトウヨだった頃の思考回路はよく覚えているんです。

そこで今回は、ぼくの体験を通して「『ネトウヨ系ゲイ』がなぜ生まれるのか」を考えてみました。

じぶん語り多めですが、許してください(笑)

 

じぶんの存在への漠然とした不安

じぶん語りになっちゃって恐縮ですが、

中学生時代、「ぼくはゲイかもしれない」、と思い始めました。

でも同時に、「ゲイなのは、悪いことだ」と考え、それを隠さなければならないと思いました。

だから、「悪いこと」である「ゲイ」をカバーしてくれる「何か」を欲しました

存在価値、人生の目的、そういう「何か」を。

 

中学生をも虜にする「正義感」

そんなとき、ぼくはあるサイトに出会います。

国民が知らない反日の実態です。

このサイトを読んだ中学生のみんなすばるは、あっという間にネトウヨになりました。

おおざっぱに言うと、中国/韓国は日本を破壊して乗っ取ろうとしていて、それにメディアや議員の一部や有名人が加担している、という内容です。

そこでぼくは、こう思いました。

この日本の危機は、ぼくがなんとかしなきゃいけない」、と。

同時に、こうも思いました。

そうすれば、たとえぼくがゲイだとしても、みんなに認められるはずだ!」、と。

 

「反日」「在日」というスケープゴート

敵の敵は味方。

だから、

日本社会の敵である「反日」「在日」を敵にすれば、
日本社会はゲイであるぼくの味方になってくれる

そう思っていました。(※今は在日外国人が日本社会の敵だとは思っていません)

つまり、「国民が知らない反日の実態」は「反日」というスケープゴートをぼくに用意してくれたのです。

一緒に売国奴のやつらと戦ってくれれば、あなたがたとえゲイだとしても認めてあげるよ」、と。

「ネトウヨマインド」は、悩むぼくをうまく丸め込んだのです。

 

つまり、「名誉ヘテロ男性」になりたい?

振り返ると、中高時代のぼくは認められたかったんですよね、社会や家族や友達や教師に。

でも、ゲイだったら認めてくれない。そう見積もっていました。

だから、ぼくは日本社会が認める「名誉ヘテロ男性」になりたかったんです。

セクシュアリティのせいで不安を感じないで生きられる「ヘテロ男性」、「似非ノンケ」になりたかったわけです。

そうすることでぼくは、日本社会に認められるんだと思っていました。

 

おわりに

そしてこのぼくの経験って、ゲイのネトウヨの方にけっこうあてはまるんじゃないかな、と思います。まあサンプル数1という、統計学者真っ青の議論ですけど。

結局、いっちばん根っこにあるのは「じぶんの存在への不安」なんじゃないでしょうか。

きっと、オウム真理教やイスラム国にも共通することなのかもしれません。

以上、みんなすばるでした。

↓ 今日もクリック、お願いします!
東大生ブログランキング
感想・リクエスト・その他お問い合わせ → こちら

↓ ぜひ読んでほしい本たち ↓

POSTED COMMENT

  1. でんでんむし より:

    今はネトウヨじゃないよ、あの時の自分は愚かだった反省反省〜笑笑
    って微妙な感じです。ごめんなさい。
    漠然とした排他的な空気感に怯えていたという経験には同情しますしお気の毒でしたね。
    ただ これって、男らしさの証明の為にレイプやDVをしてしまう人と同じ心理ですよね。
    こういう人達にも同情できる側面もあるのでしょうが、多くの人達を傷付けてきた事に変わりありません。
    もう今はネトウヨじゃないから ってそれだけでいいのでしょうか?
    勿論 更正して貰えるのは良い事ですし、病んでいた という理由も分かりますが、僕病んでたんだ 許してね とご自分に同情し過ぎではという印象を受けてしまいました。

  2. でんでんむしさん
    でんでんむしさんの仰る通りだと思います。
    ぼく自身でんでんむしさんのもたれた印象も感じつつ、そのまま投稿しました。
    コメントをありがとうございました。

  3. ネトウヨBAN祭り より:

    >>日本社会が認める「名誉ヘテロ男性」になりたかった
    外国にルーツを持ちながら右翼団体に属する方もそういった心境なのかもしれません。
    ただ杉田議員の発言でわかるように同性愛にせよ外国人にせよ国家主義が強まれば真っ先に槍玉に挙げられるのは確実でしょう。

    日本の保守、日本会議、ネトウヨが考える日本の伝統はそれまで確実に存在した同性愛を弾圧し始めた明治時代を主とするうわべだけの伝統ですからね。
    (三島由紀夫は除く)
    ネトウヨなんかにならなくても他人と自分に優しく生きれば
    誰だって認められる世の中を目指したいです。
    そのほうがどう考えても健全だし楽でしょう。

    そもそも○○人殺せ!と罵ったり差別を恥だと思わぬ人間など異性はもちろん同姓からも心から愛されますかね?
    私はヘテロですけどそんな女がいたら例え容姿が少女時代、twiceのユナ、ツウィでもごめんですよw

    • ネトウヨBAN祭りさん

      コメントをありがとうございます。
      ご指摘の通りですね。やり玉に挙げられるのを避けるためにやっているのですが、結局は裏切られることが見えているので
      悲劇的ですよね……。
      そうですね、ネトウヨにならずとも、誰しもが認められる社会がラクだな、というオッカムの剃刀的な考え方ができるように思います。
      友愛はきれいごとの理念ではありますが、一理あるな、と思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください