まずは読んでほしい! この5記事
本・漫画

『Warcross』は今読むべきVR系ヤングアダルト小説だった。

ARとVRがふつうになった世界、見てみたくないですか?

現実世界のカラダや物理法則を超えて竜の上で戦ったり、超人的な能力を手にしたり、他人の気持ちとリンクしてみたり……。

今回紹介する『Warcross』と『Wildcard』(以下、「Warcross」シリーズ)は、AR/VRを最大限にあつかった、最高の胸熱AR/VR × ヤングアダルト小説でした。

最初のあらすじ

主人公のEmika Chen(18)は、その日暮らしのバウンティ・ハンター。VRゲーム「Warcross」の違法賭博プレイヤーを警察に差し出している。

ある日、お金に困って途方に暮れたEmikaはゲームをハックする——そしてその経緯で、一夜にして世界中に名を知られる。すると、ゲームを作った張本人Hideo Tanakaから電話をもらい、彼女は東京に行くことになる。そして彼女は、壮大な物語に足を踏み入れることになる。

もうね、「Warcross」シリーズ、

めっちゃくちゃ面白かったです。

 

 

 

どんな人におすすめ?

  • 高校生や大学生(16〜25歳くらい)
  • 英語をある程度は読める人(英検準1級くらい?)

高校生や大学生はめちゃめちゃ楽しんで読める気がします。

一応「Warcross」シリーズのジャンルは、いわゆる「ヤングアダルト」。

「ヤングアダルト」とは「高校〜25歳くらいまでの青少年を対象にしたジャンル」のこと。アメリカなどでかなり人気を誇っています。かの『ハンガー・ゲーム The Hunger Games』や『13の理由 Thirteen Reasons Why』などもこのジャンルに入りますね。

ただ、「Warcross」シリーズは残念ながら未邦訳です。英語に抵抗感がない人じゃないと、なかなか読み進めるのはたいへんかも。

でも、最初の章を読めたらきっとのめり込めるはず!!

 

魅力その①:手に汗握る展開

Photo by Lilly Rum on Unsplash

1度読み始めると、続きが気になりすぎてページをめくる手が止まりませんでした。

「え、どうなったんだろう?」
「ここから何が起こるんだ?」
「あの人たちは何を企んでるんだろう?」

そんな瞬間が、何度も何度も訪れます。

また、VR世界でのバトルシーンも生き生きと描かれています。

ゲーム要素を交えたバトルアクションは、たぶんソードアート・オンラインと似た感じです。もちろん、会話はアメリカチックでキザな瞬間があるんですけどね笑

 

魅力その②:舞台が東京

ほぼ全編、舞台は東京です。

渋谷・六本木・表参道などが登場しました(笑)

外国の作者の描く東京は、いったいどんなふうになっているのか。
ぜひ読んで確かめてみてください!(笑)

 

魅力その③:同性カップルも出てくるよ!

Photo by Stanley Dai on Unsplash

ずっと男女のイチャイチャを見るのかな〜って思っていたのですが(別にそれはそれでいい)、途中で実はカップルが出てきます(笑)

ちょっと個人的に嬉しかったですね、ええ。それなりにフィーチャーされるので。

 

「Warcross」シリーズはどこで読める?

未邦訳なので、基本的にアマゾンでポチる感じになると思います。

ちなみに、洋書を読むならKindleがおすすめです。

実物の洋書は、

  • 高い
  • 重い(軽いのもあるけど)
  • 厚い

の三重苦がありますが、Kindleの電子書籍なら、

  • 安い(100円-200円くらいお得)
  • 軽い(『Warcross』約500g vs Kindle Paperwhite 205g。ぜんぜん違う)
  • 薄い

といったメリットがあるからです。

和書は図書館で無料で読んで、浮いたお金で洋書のKindle書籍を買う、というのがおそらくベストな使い方なんじゃないかと思います。

(弁解ですが、セール時にKindle書籍よりも安かったので『Warcross』だけは実物を買いました)。

というわけで、Kindleもおすすめです。
(※ぼくは第7世代を使ってます)

 

まとめ

そんなわけで、まとめると以下のようになります。

  • 「Warcross」シリーズは最高の胸熱AR/VR × ヤングアダルト小説
  • おすすめする人
    • 「高校生や大学生(16〜25歳くらい)」
    • 「英語をある程度は読める人」
  • 魅力
    • 手に汗握る展開
    • 舞台が東京
    • 同性カップルも出てくる

ぜひ皆さんも、良き洋書ライフを。

 

以上、みんなすばるでした。

 

今日も投票お願いします!↓

このブログに投票する

 

「こんな記事を読みたい」「こう思った!」などなど、
ご感想・ご意見等をぜひお願いします!

感想
リクエスト
お問い合わせ

 

ABOUT ME
みんな すばる
刹那的に生きられないゲイ東大生。東京大学で社会学を勉強中。 詳しくは→ プロフィールへ