まずは読んでほしい! この5記事
「ゲイ 治す 方法」で検索する君へ。

「ゲイ 治す 方法」で検索する君へ。①

最近、同じゲイ学生が書いているブログを見つけてすごく嬉しかったです。
みんなすばるです。

さて、今回の記事は、「ゲイ 治す 方法」と検索する人たちへのエールとして書いてみました。

「ゲイ 治す 方法」と検索してたどりついた方には、ぜひ読んでほしいです。

君は独りじゃない

Photo by rawpixel.com from Pexels

この時代・この国に生まれた多くのゲイの子は、同じ「絶望」を知っています

「ゲイ 治す 方法」で検索するあなたも、きっと同じ「絶望」の中にいるのでしょう。

あなたは、独りではありません。必ず、仲間がいます

「もしかしたら、AVとか見たら女性のことが好きになるんじゃないか。」そんな淡い気期待を抱いてみても、自分に対する嫌悪感がさらに深まっただけでした。

ネットで、「ゲイ 治る」と調べてみても、期待とは反対の答えが返ってきて絶望しました。

「なんで、こんなに苦しまないといけないのだろう。」ずっと苦しんでいまいた。

(原文ママ)ゲイであることを受け入れれた理由 より

(・・・)学年が進みにつれて、どうやら、自分の気持ちはその「ホモ」であるということがわかってきた。そしてそれは「同性愛」であるということも。

そして、決して誰にも言えない秘密を抱えてしまった、と一人悩んだ。

『ボクの彼氏はどこにいる?』(52)より

 僕がゲイであることを考え出したのは、中学二年生のころでした。でも、僕はその時とっても悩んでいました。「これは思春期にありがちな同性への憧れであり、僕はきっと女性が好きなんだ。そうに違いない」と。でも、僕はこの頃、同級生に「オカマ」っていじめられたこともあったから、「ああ、きっと同性を好きになるのは間違いなんだ」と思っていた。

その気持ちは、高校生になっても強くなるばかり。同性を好きになってはいけないと思うほど、心が反対の方向へ向かってしまう。(・・・)

『カミングアウト・レターズ』(34)より

 

遠回りをする、ということ

高校時代、ひとりの先生にカミングアウトしたときに、こう言われました。

時間が経てば、もしかすると今と違う考え方になっているかもしれないね

中高の頃、ぼくはゲイであることに強く引け目を感じていました。

ゲイ 治る」や「ゲイ 一過性」と検索したり。
女性に欲情しようとしたり。
なんとかじぶんをごまかそうとしたり。

そして、そのようにさせてくる社会を、恨みすらしました。

しかし、少しずつですが、変わりました。

悩み、人と会い、読み、そして悩む、という遠回りの末に。

このひとつの壮大な遠回りのおかげで、ぼくはより器の大きな人間、視野の広い人間になれたんじゃないかと思います。きっと、異性愛者バージョンのぼくよりも。

もしぼくが異性愛者であったのなら、こんな壮大な遠回りはしなかったはずですから。

遠回りは絶対に無駄ではありませんでした。

それはきっと、あなたも同じだと思います。

たしかに、遠回りさせてくる環境がほんとうは悪い。

でも、環境を(今の所)変えられないのなら、思い切り遠回りをしましょう。そして、見聞を深めて、環境を変えていく準備を、幸せになる準備を、していきましょう。

「ぼくはホモとは違うんだ」?

じぶんは『ホモ』でも『オネエ』でも『こっち系の人』なんかでもない。

自己暗示をかけ続ければ、いつかの朝に起きたときストレートになれる。

そう思えば思うほど、逆にホモ・オネエ・こっち系の人になっていくような気がする。何度起きようと、男にしか興味が持てない。そんなじぶんに、絶望するかもしれません。

でもはっきりわかっていてほしいのは、

ゲイであること、あるいは異性愛者ではないことは、間違ったことなんかではないということ。

そしてだからこそ、君は笑われるべきじゃないし、いま感じている絶望や悲しみはあなたのせいではない、

ということです。

死ぬまでの、1人だけの秘密?

そうだ、これは死ぬまでの秘密にしよう

中学3年のぼくは、そう誓いました。

しかし今では、「ゲイであることを秘密にする必要なんて、ないんだ」と思っています。

もしかすると君も、「一生の秘密を抱え込むことになった」と不安かもしれません。

しかし安心してください。

この世界には必ず、必ずや、あなたの「秘密」を受け止めてくれる人がいます。

「ゲイ 治す 方法」で検索する君へ。②https://c-hanger-in-the-rye.xyz/archives/to_gay_kids.html 筋肉痛が続いて...

以上、みんなすばるでした。

 

↓ 今日も投票お願いします!↓

このブログに投票する

 

「こんな記事を読みたい」「こう思った!」などなど、
ご感想・ご意見等をぜひお願いします!

感想
リクエスト
お問い合わせ

 

↓ 君に読んでほしい本たち。↓