まずは読んでほしい! この5記事
ぼく恋シリーズ

ぼくと、ぼくの恋人の話⑦ 〜「どうして好きになったの」編〜

ぼく恋シリーズ(?)、第7回。

ぼく(みんなすばる)と、恋人(れお)の話です。
詳しくは過去記事を見てくださいね。

今回は、どうしてぼくを好きになったのか、れおに訊いてみたときの話。

前回のあらすじ

  • 自律した2人の関係を望むよ
  • 愛情表現はたくさんやるよ
  • 会う頻度は、週1-2くらいだよ
  • 一応、オープン・リレーションシップだよ(お互いに気持ちが離れないのであれば、ほかの人と関係をもってもよい、という関係)

>>前回の記事
>>最初の記事

「いつから好きになったの?」

冬の夜のことです。ぼくとれおは、ぼくの地元をぶらぶらしていました。
寒い中、ハグできる場所を求めてさまよっていた感じです。

いい機会だったので、ずっと訊いてみたかったことを思い切って訊いてみました。

ぼく「れおって、いつからぼくのことが好きだったの?」

れお「サークルの総会のときに、議論を整理しようとして前のホワイトボードに何かを書き出したけど、結局うまく行かなくて、『すみません、整理できませんでした』って席に戻ったとき」

ぼく(!?!?!?)

え、全然カッコイイことじゃないんだけど!?
むしろ、ぼくのめっっっちゃダサい話なんだけど!?
せっかく忘れてたのに、なんでそんな思い出を掘り返した!?
というか、人を好きになるポイントおかしくない!?

ぼく「そ、そうなんだ……」←わかってない

れお「そうなんだよ〜照」

 

もしかするとこの人(れお)はちょっとズレているのかもしれない

このときにそう思い始めたのは、言うまでもありません。

 

「どういうところが好きなの?」

ぼく「え、ぼくのどういうところが好きなの……?」

れお「『熱盛ィィッ』ってやってるときの顔が可愛い(照れ笑い)」

ぼく(…………!?!?!?

脳内では、『世にも奇妙な物語』のBGMが流れていました。

※「熱盛」がいったい何なのかわからない人に解説すると、「熱盛」というのはテレビ朝日のニュース番組「報道ステーション」上の演出のひとつです。放送事故で有名になりました(動画参照)。

……れおが何を言っているのかわからない? 大丈夫、ぼくも未だにわかっていません。

 

まとめ

いや、まあ、とにかく。まとめると、こういうことになりますね。

要点まとめ

  • れおがぼくを好きになったきっかけ:サークルの総会でしくじったから
  • ぼくの好きなところ:「熱盛」

ということでね、先の思いやられる2人でした。

以上、みんなすばるでした。

 

↓ 今日も投票お願いします!↓

このブログに投票する

 

「こんな記事を読みたい」「こう思った!」などなど、
ご感想・ご意見等をぜひお願いします!

感想
リクエスト
お問い合わせ