まずは読んでほしい! この5記事
ぼく恋シリーズ

ぼくと、ぼくの恋人の話④ 〜「はじめての〇〇で泣かれた」編〜

みんなすばるです。

ぼくと恋人(れお)の話、第4回。

今回は、もろもろの「はじめて」の話。

前回のあらすじ

  • 2人で観覧車に乗った。
  • 何度もハグした。
  • 初めて(頬に)チューをした。
  • 健全帰宅した。(←今ここ)

>>前回の記事
>>最初の記事

「散歩」という名の何か。

「I love you」の日本語訳は「月が綺麗ですね」。

夏目漱石がそう主張したという逸話(伝説?)は、ずいぶん有名です。
モノをはっきり言わない「回りくどさ」が「日本らしい」んですかね。

だとすれば、ぼくもその「回りくどい日本らしさ」に染まっていると認めざるを得ません。

散歩しよ

ぼくたちの間で「散歩しよ」が暗号めいたものになったのは、多分、観覧車から数日後の出来事からです。

確か、何かのイベントから一緒に帰っていました。
その帰りの電車で、ぼくがれおに「散歩しよう」と言いました。
つまり、途中下車して駅の周辺をウロウロしよう、と。

でも、「散歩しよ」に込めた意図は、たぶんれおにとって明らかでした。

「ハグしたい、キスしたい」

でも、そういうことは直接言わないのが華。
だからこその、「散歩しよ」でした。
チキンだから言えないだけ。

でも、公の場で手を繋いだり、ハグをしたり、キスしたりできるのはヘテロカップルの特権です。

他人の視線を気にしてしまうぼくたちは、暗いところ、誰にも見られないところを探しました。
そして散歩しているうちに、その条件に合致する「ある公園」を見つけました。

 

はじめての〇〇で、号泣!?

その公園は、ほとんど人通りがなく、茂みも豊富。

だから、好きなだけハグできました。
頬にもたくさんチューできました。

お互いにぎゅーっとしたりしているうち、れおが言いました。

れお「もっとキスしたい」
ぼく「……もっとって?」
れお「……口にしてほしい」
(だいたいこんな会話だったはず)

言い出せないし、いきなりキスするのも気が引けたから、それまでぼくは頬や額にしかキスしていませんでした。
でも、れおが言ってくれるなら。

そういうわけで、チューしました。
多分、ぼくめっちゃ下手くそでしたけど。

そしたら次の瞬間、れおがくるりと背を向けました。

ぼく(え、どうしたの!?)

れおは指で目元を拭っていました。
泣いているのだと分かりました。

ぼく「え、大丈夫……!?」
れお「うん」

まさか、キスが下手くそすぎて泣いてる……!?
それとも、口臭がひどくて泣いてる……!?

百年の恋も冷めたとかいうやつ……!?
と内心不安でした。

でも、杞憂でした。

ぼく「どうして泣いてるの……?」
れお「すばるとキスできたから
ぼく(!!!)

かわいすぎかっっっ!!!
ピュアすぎだろっっっ!!!!

……と、れおとの「ファーストキス」は無事(?)に終わりました。

(後から聞いたのですが、映画を見に向かっていたときにも、ぼくに誘われたことが嬉しすぎて泣いていたそうです。参照↓)

ぼくと、ぼくの恋人の話① 〜「出会いとか」編〜恋愛は弱い人のものだと思っていました。みんなすばるです。 さて、自分語りキャンペーンを続行しますね() 今回は、ぼくとぼくの恋人...

 

「男ですよね。男同士はちょっと無理です」

すっかり行きつけになった公園ですが、そのうち、キスだけじゃ飽きたらなくなります。
でも、公園でおっぱじめるほどの肝もないし、2人とも実家住まい……。

そうなると、行く先はひとつしかありませんでした。

そう、ホテルです。

公園の近くに小さなホテル街があったので、そこに試しに行ってみました。
でも、時間帯のせいか、だいたいは埋まっていました。

ただ、なんとか空いているっぽいところを発見!

システムがあまりよくわからないまま、空いている部屋のボタンを押して受付にいきました。
受付にいたのは60代くらいの婆さんです。
後から来たれおを見て、その婆さんは言いました。

受付婆「男ですよね?」
れお「違います」
受付婆「いや、声が男ですよね。男同士はちょっと無理です」
ぼく「はあ」

そこで争ってもきっと埒が明かないと思い、ぼくとれおはそのホテルを去りました。
屈辱的、とはこのことでした。

(この婆さんに腹が立ったのは、「男同士は無理」という理由の他にもあったのですが、それはまた別の記事で)

どうしようもないので、確かそのときはホテルに行くことを諦めて、始発まで近くのファミレスで居座りました。

ホテルにリベンジする機会は、割とすぐに訪れました。

今度は、「男性同士OK」と明確に記しているホテルを選ぶことにしました。
土地柄、新宿にはそのようなホテルがたくさんあって助かりました。

2人ともそういうホテルは初めてだったので、豪華な内装やジャグジーやベッドにいちいち目を輝かせました(笑)。

あとはやることをやった感じです(バニラだけど)。

さて、先に書いた通り、ホテルの婆さんに腹が立ったのは、「男同士は無理」と言われたことだけではありません。

しかしそれについては、また改めて説明が必要になります。

というわけでその話は、また次回。

ぼくと、ぼくの恋人の話⑤ 〜「恋人を〈彼氏〉と呼ばない理由」編〜みんなすばるです。 ぼくと恋人(れお)の話。第5回です。 ただの盛大なのろけ話でごめんなさい。 今回は、れおを「彼氏」と呼...

以上、みんなすばるでした。

 

↓ 今日も投票お願いします!↓

このブログに投票する

 

「こんな記事を読みたい」「こう思った!」などなど、
ご感想・ご意見等をぜひお願いします!

感想
リクエスト
お問い合わせ

ABOUT ME
みんな すばる
刹那的に生きられないゲイ東大生。東京大学で社会学を勉強中。 詳しくは→ プロフィールへ