まずは読んでほしい! この5記事
淫夢論

ゲイ東大生が、淫夢ネタについてまじめに考えてみた。② 〜「ホモは嘘つき・せっかち・博識?」編〜

みんなすばるです。

さて、本記事は「ゲイ東大生が、淫夢ネタについてまじめに考えてみた。」シリーズ第二弾。最初の記事を読んでいない方は、お先にそちらをどーぞ↓

ゲイ東大生が、淫夢ネタについてまじめに考えてみた。① 〜「淫夢ネタでブヒブヒ言ってるキモオタ、死んでほしい」編〜 「淫夢ネタでブヒブヒ言ってるキモオタ、死んでほしい」 ――とあるゲイの友人 「ホモ」を「ゲイ」と入れ替えれば何を言ってもいいと思...

前回のあらすじ

  • 淫夢ネタについての基礎的な知識
  • ゲイの中でも淫夢ネタ否定派・肯定派がいる

今回取り上げるのは、「ホモは〇〇」系の淫夢ネタだ。

「ホモは〇〇」系の淫夢ネタはゲイを傷つけるのか?

「ホモは〇〇」系とは

概要

「ホモは〇〇」の〇〇にはいろいろな語が入る。

メジャーなものだと、「ホモはせっかち」・「ホモは嘘つき」・「ホモは博識」だ。

たとえば、次のように使われる。

見ればわかるように、ゲイに敵意をもった言い方はしていない。だから、別に問題がないね、ちゃんちゃん。

……しかしそうは問屋がおろさない。

 

なにが問題か?

ではいったい、「ホモは〇〇」のなにが問題なのだろう?

「ホモ」が侮蔑語とされる用語であること?

それは違う。

なぜなら、「ゲイはせっかち」「ゲイは嘘つき」「ゲイは博識」にしても同じ程度には問題であるからだ。

そう、問題なのは、「ホモ/ゲイ」という属性ひとつに、関連のない偏見を(面白おかしく)与えていることだ。

 

「ホモのことを褒めてるから問題ない」?

「でも『ホモは博識』はホモのことを褒めてるから、差別じゃないじゃん」と考える人は、甘い。

与えられた偏見の中身がポジティブ(例:博識)だろうとネガティブ(例:嘘つき)だろうと、それはひとつの偏見になる。

 

「ホモは〇〇」の精神分析

日常生活であなたは、「ストレート(異性愛者)は博識」とか「ストレートはせっかち」などと言うだろうか? 言うはずがない。

だって、ストレートという「性的指向」と「博識さ」には何の関係がないから。

それはゲイでも同じことだ。

  • せっかちなゲイもいるし、そうじゃないゲイもいる。
  • 嘘つきのゲイの人もいれば、嘘つきではないゲイもいる。
  • 博識なゲイもいれば、そうでもないゲイもいる。

このように、そもそも「ホモは嘘つき/博識等」と言うこと自体、変なのだ。

なぜなら、「ホモは嘘つき」などと言うタイプの人は、「ストレートであること」は取り上げるに値しないが、「ホモ/ゲイであること」は取り上げるに値する ≒「特別だ/異常だ」と根底で思っているからだ。

つまり、「ホモ/ゲイは俺らストレート男性とはちょっと違うのだ、変なふうに」と思っているわけだ。

 

淫夢厨とゲイの乖離

大半のゲイの人は、特別視してほしいとは思っていない。

なにせ、ストレートの人との違いは、せいぜい好きになる性が異性か同性か、くらいだからだ。

ゲイとしては、「ああ、君は男が好きになるのか」とフラットに認識して接してくれれば、文句はない。

※ただし、ゲイであることを「認識」はしてほしいので、「彼女はいるの?」と聞いてほしいわけではない。あくまで「異なるけれど平等」だ。  

だから、「ゲイである」という点ばかりをピックアップするやり口に、ゲイは違和感を抱くわけである。

 

結論

そういうわけで、たしかに「ホモは〇〇」系の淫夢ネタはゲイの人の前でやれば失礼に当たる

やるなら相当な信頼関係を築いておくべきだ。

しかしまあ、あれも禁止これも禁止、とやるのは忍びないことではある。

こういう偏見をもった淫夢ネタをどう扱えばよいのかは 、
このシリーズの最後の記事で、「淫夢ネタの作法」として提案する。

ゲイ東大生が、淫夢ネタについてまじめに考えてみた。③ 〜「きたない、くさい、風評被害」編〜 エレベーターで1人になると踊るタイプです。みんなすばるです。 本記事は「ゲイ東大生が、淫夢ネタについてまじめに考えてみた。...

以上、みんなすばるでした。

 

↓ 今日も投票お願いします!↓

このブログに投票する

 

「こんな記事を読みたい」「こう思った!」などなど、
ご感想・ご意見等をぜひお願いします!

感想
リクエスト
お問い合わせ