WordPressへの引っ越し作業中
考え・気づき

生きづらい人に知ってほしい!「ヒュームのギロチン」という概念。

「〇〇したいけど、きっとダメだろうなあ」
「もっと自由に生きたいなあ」

この記事は、そんな方に向いています。

さて、突然ですが、みなさんは生きづらさを感じることはありませんか?

ぼくは生きづらさを感じます。
とくに中学生・高校生だった頃は、

「じぶんを受け入れてくれる人がいない」
「この人は受け入れてくれないかもしれない」
「男は女を好きじゃないといけない」

などと、じぶんがゲイであることに悩んでいました。
そのため、かなりの生きづらさを感じていました。

あわせて読みたい
「ゲイ 治す 方法」で検索する君へ。①最近、同じゲイ学生が書いているブログを見つけてすごく嬉しかったです。みんなすばるです。 この記事は、「ゲイ 治す 方法」で検索する...

しかし、大学でいろいろ学んで、生きづらさはだいぶなくなりました

そこで今回は、生きづらさを減らしてくれる哲学の概念、「ヒュームのギロチン」をご紹介します。

あなたの感じる生きづらさを、すこしでも減らせたらと思います。

 

生きづらさの本質は、「べき論メタボ」

「ヒュームのギロチン」を紹介する前に、まず「生きづらさ」とはなんでしょうか?

生きづらさの本質は、「期待メタボ」・「べき論メタボ」
つまり、「私は〇〇であるべきだ」と思うことが多すぎるということです。

これは、生きづらさを感じやすい人の特徴を見ればわかります。

生きづらさを感じやすい人の性格や特徴として

  • 真面目
  • 完璧主義
  • 人に気を使いすぎる
  • 人の目が気になる
  • 人に意見を言えず人に飲み込まれてしまう

「生きづらい」性格、特徴の底にあるもの | マインドペディアより

これらの特徴からわかるように、「生きづらい人」は自他の期待をスポンジのように吸収しすぎるのです。

べき論メタボ状態

 

「べき論ダイエット」で生きづらさを解決する

生きづらさを解決するのは簡単です。

生きづらさ=「べき論メタボ」なのですから、「べき論ダイエット」をすればよいわけです。つまり、キャパシティが許容できるだけの「べき論」に絞るのです。

べき論ダイエット

そしてそんな「べき論ダイエット」を助けてくれるのが、「ヒュームのギロチン」。

 

ヒュームのギロチンとは

「ヒュームのギロチン」とは、

「世界はAだ」という「事実」から、
「世界はBであるべきだ」という「べき論」は導けない

という原理。

たとえば、

「ぼくは長男だ」という「事実」

から、

「ぼくは結婚すべきだ」という「べき論」

論理的には導けない、ということです(下図参照)。

論理的に「ぼくは長男だから、結婚すべきだ」と言おうとすると、「長男は、結婚すべきだ」という別の「べき論」が必要になります(上図の真ん中)。でも、結局その「べき論」も絶対的なものではありません。

以上から、「べき論」は絶対的なものではないことがわかります。

このように、ヒュームのギロチンは「べき論」がときに空疎であると教えてくれるのです。

「事実」と「べき論」は、論理的につながっていない。

「べき論」は、絶対的なものではない。

なお、ヒュームのギロチンは、「ヒュームの法則」とも呼ばれます。
英語では「Is-ought problem」(である-べき問題)とも。

>>ヒュームの法則 – Wikipedia

※ちなみに「ヒューム」とはスコットランドの哲学者「デイヴィッド・ヒューム(David Hume)」(1711-1776)のこと。

Embed from Getty Images

 

ヒュームのギロチンの効用・実用例

さきほど見たように、ヒュームのギロチンは「事実」と「べき論」をつよく切り離します。
これによって、多くの「べき論」は論理的には空疎だとわかりました。

つまり、「じぶんには対応できそうもないべき論は捨てる」という「べき論ダイエット」をするためのマインドセットが作れるのです。

それではここで、飲み会にいる下戸の太郎を例に取ってみましょう。

同僚
同僚
おー、太郎! 君はぜんぜんお酒を飲まないから酔いつぶれないよね。それだったら手が空いてるだろうし、介抱よろしく!
太郎
太郎
えー……(めんどくさいなあ)

ここで太郎が(たしかに僕はお酒を飲まないし、介抱する義務があるか……)と思ったとしたら、彼はすでに「事実からべき論を導く」という間違いを犯しています。

きちんとヒュームのギロチンを適用するのだとしたら、

太郎
太郎
カウンター罠カード、《ヒュームのギロチン》を発動!
太郎
太郎
この効果により、事実から”べき論”は発生しない! したがって、酒を飲まないという理由で人を介抱する義務は発生しない!

となるわけです。まあ、この場合はそこまで切実な問題じゃないかもしれませんが……。

でもたとえばLGBTの問題だったらけっこう切実ですよね。

「ぼくは男だから、女を好きにならなきゃいけないんだ……」
「人であるから、誰かを好きにならなきゃいけないんだ……」

という「べき論」に悩まされるゲイの人やアロマンティック(恋愛感情が誰にもわかない)の人もいるかもしれませんし。

あわせて読みたい
「ゲイ 治す 方法」で検索する君へ。①最近、同じゲイ学生が書いているブログを見つけてすごく嬉しかったです。みんなすばるです。 この記事は、「ゲイ 治す 方法」で検索する...

でもヒュームのギロチンをもってすれば、

  • 「男である」という事実から「女を好きになるべき」という「べき論」は導けない
  • 「人である」という事実から「誰かを好きになるべき」という「べき論」は導けない

というふうに考えることができます。

「このべき論は、論理的な必然性はないんだ」と確認するツールとして、ヒュームのギロチンは使える。

 

まとめ

そんなわけで、この記事で確認したことは以下のとおりです。

  • 「生きづらさ」とは、「べき論メタボ状態」のこと。
  • 「生きづらさ」を解消するには、「べき論ダイエット」が必要。
  • 「べき論ダイエット」には、「ヒュームのギロチン」が役立つ。
  • ヒュームのギロチンとは、「事実」から「べき論」が導けないという原理。
  • ヒュームのギロチンによって、「べき論」は論理的には絶対でないことがわかる。

この記事が、みなさんの生きづらさにすこしでも効いたとしたら、幸いの限りです。

以上、みんなすばるでした。

↓ 今日もクリック、お願いします!
東大生ブログランキング
感想・リクエスト・その他お問い合わせ → こちら

ABOUT ME
みんな すばる
東京大学で社会学を学んでいます。 「中学生のぼくに、読ませたかったブログ」というコンセプトのもと、「社会学×ゲイ×東大生」目線でいろいろ書きます。 詳しくは → プロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください