まずは読んでほしい! この5記事
本・漫画

アイデア発想法が欲しい人には『アイデア大全』がおすすめな理由2つ

「今、アイデアがなくて行き詰まってる……」
「発想法をまとめた本が欲しい」
「『アイデア大全』という本が知りたい」

この記事は、そんな方に向いています。

どうも、みんなすばるです。

実はぼく、物語を考えたり、「この問題はどうすれば解決できるだろうか」と考えたりするのがとても好きです。

でも、そういうときによく直面するのが「状況把握の不足と、アイデアの不足」。

たとえばぼくは、物語を書いているときに、

みんなすばる
みんなすばる
〇〇ということを書きたい。でも、主人公は今、△△だから、そこに到達させるにはどういう出来事や過去が必要なんだろう……

というふうに悩むことがあります。

しかし、このような「状況把握」や「アイデアの発想」をしたいとき、ぼくたちは「勘」や「運」に頼りがちではないでしょうか?

でも、「勘」や「運」はいわば不確定要素。不確定要素は、できるだけ少なくしたい。

そしたら先日、実に良い「アイデア本」を読んじゃいました。

その名も、『アイデア大全――創造力とブレイクスルーを生み出す42のツール』。

めちゃめちゃ目立つ、黄色の表紙。

 

『アイデア大全』とは?

『アイデア大全』は、世界中のあらゆる発想法やアイデアの作り方をまとめた本。

ただ単に発想法の紹介をするだけではなく、使い方の例・ほかの発想法との有機的なつながりなども分析しています。

やり方→実際の例→分析

というふうにまとめられているのが非常にわかりやすかったです。

 

理由その1:あらゆる発想法をまとめているから

タイトルにある通り、なんと42もの発想法がこの本にはまとめられています。

これの良いところは、「自分に合う発想法だけを使ってみる」ということができる点。ほかの本だと1種類しか紹介していなかったりするので助かります。

 

理由その2:自分で発想法を取捨選択できるようになっているから

発想法は

  • 根本では似通っている
  • ほかの手法も複合されている

といったことがあります。

この本ではそういう点にもしっかり触れてくれるので、「じゃあ、この発想法とこの発想法は似ているから、こっちだけやろう」というふうに取捨選択の幅を広げてくれます。

 

まとめ

そんなわけで、今回のまとめです。

『アイデア大全』がおすすめ!
  • あらゆる発想法をまとめているから
  • 自分で発想法を取捨選択できるようになっているから

ぜひ皆さんも、アイデアに行き詰まったら活用してみてください!

以上、みんなすばるでした。

 

今日も投票お願いします!↓

このブログに投票する

 

「こんな記事を読みたい」「こう思った!」などなど、
ご感想・ご意見等をぜひお願いします!

感想
リクエスト
お問い合わせ

 

 

 

ABOUT ME
みんな すばる
刹那的に生きられないゲイ東大生。東京大学で社会学を勉強中。 詳しくは→ プロフィールへ