まずは読んでほしい! この5記事
随筆的な、考え的な。

断言することの危うさ

Icons made by Freepik from www.flaticon.com is licensed by CC 3.0 BY

 

ポッドキャストに興味があります。みんなすばるです。

さて、ブログ運営のためにいくつかサイトや本を読んでみたのですが、

その中でよく見るアドバイスがあります。

それは、

  • 「断言しろ」
  • 「語尾をはっきりさせろ」
  • 「『〜〜だと思います』や『〜〜かもしれません』は使うな」

というものです。

でもぼくは、いたずらに断言することに反対なのです。

 

大学生は、「断言すること」と相容れない

「断言すること」って、

大学生とホンシツ的に相容れないと思うのです

大学生は学究の徒。

そして「断言すること」は非-学問的。

だから、大学生とは相容れない。

ぼくはそう考えています。

「いや、大学生はモラトリアムにすぎないでしょ」という意見もあるでしょう。

しかし少なくともぼくは、東大に来たからには学究もしたいと思っているわけです。

 

断言=世界をカンタンにすること

ぼくは一介の学生にすぎませんが、(わずかながらの)勉強や研究から「世界は『断言できないスキマ』に満ちている」と確信しています。

その『断言できないスキマ』を無理やり埋める手口には違和感しかありません。

 

世界をカンタンにすることの危うさ

「世界を簡単にすること」に、ぼくはアレルギーがあります。

どうしてかというと、「世界を簡単にすること」によってぼくは迫害されてきたからです。

  • 「人は、異性を好きになるものだ」
  • 「男は、家庭をもつことこそが生きがいだ」
  • 「女は、家庭を守ることが役割だ」

この3つの断言だけで、どれくらいの人が簡単にされてしまっていることでしょうか。

いないことにされていることでしょうか。

「断言すること」はつねに、誰か・何かをロードローラーで轢くことのようなものです。

 

断言と謙虚さ

断言しないことで、ぼくたちは常にじぶんの意見に留保がつけられます。

これを卑怯と呼ぶか、謙虚と呼ぶか、正しさと呼ぶか。

「正しさとは、謙虚かつ卑怯なものである」

とぼくは言いたいです。

おおざっぱに言えば、科学もそういうことじゃないですか。

科学の仮説は、つねに反証可能性に開かれていますよね。

そうでなければ科学でないわけです。

しかし他方で、断言はこの「反証可能性」=科学性を踏み抜いてしまうことが多いのです。

 

断言による安心感

大衆は、小さな嘘より大きな嘘にだまされやすい。なぜなら、彼らは小さな嘘は自分でもつくが、大きな嘘は怖くてつけないからだ。

——アドルフ・ヒトラー

断言のもつ「世界を簡単にする力」はとても強いです。

極端なことをいえば、白を黒にすることもできる。

そんなふうに乱暴だからこそ、

「断言したということは、それだけの覚悟で言われたことなのだから、正しいはずだ」

と聞き手は安心してしまうわけです。

「そんなでかいリスクを負っていながら、堂々と間違うはずもない」、と。

そうして断言者自身も、そのうち後ろに退けなくなるのです。

たとえ間違っていても、メンツを守らなきゃいけないから。

誰も正しくないかもしれないのに。

 

 

まとめ

以上のように、ぼくは断言することにもっと慎重になるべきだと思っています。

そのほうが、もっと世界はよりよいものになるのかな、と。

まあ、こんなことを言ったところで有害な断言は減らないだろうから、まずはリテラシーを上げるしかないですが……。

はてさて。

以上、みんなすばるでした。

↓ 今日もクリック、お願いします!
東大生ブログランキング
感想・リクエスト・その他お問い合わせ → こちら