本・漫画

次世代青春マンガ『青のフラッグ』が完結したから色々言ってみる

『青のフラッグ』という次世代青春マンガを知っている人は多いだろう。

絶対おすすめ!次世代青春マンガ『青のフラッグ』の魅力を徹底解説してみた。【ゲイは読むべし】 この記事は、『青のフラッグ』のネタバレを含みます。 ご注意ください。 1日1回、何もないところでつまずくのが特技。みんな...

改めてあらすじを説明すると:

人生の岐路に立つ高3の春――。一ノ瀬太一は、なぜか苦手と感じる空勢二葉、幼馴染でリア充な三田桃真の2人と同じクラスになる。ある日、二葉から桃真への恋心を打ち明けられ、協力してほしいと頼まれた太一は…!? 青春に染まりゆく3人の新“純”愛物語、開幕!!

先日、『青のフラッグ』最終巻となる第8巻が発売され、堂々の完結を果たした。

作者のKAITO先生、本当にお疲れさまでした!!!!!!

 

『青のフラッグ』完結とその感想

『青のフラッグ』は、「徹底したフラットさ」が素晴らしかった。

ゲイの子も、ビアン(?)の子も、ストレートの子も、ホモフォビアも、ジェンダーも、可能な限り様々な価値観がフラットに扱われていた。

作者のあとがきによれば、描きたい題材・テーマを突き詰めていったら”結果的に/必然的に”「LGBT」(といってもトランスはいないが)も扱うことになったらしいのだが、そのスタンスの取り方・描き方がとても良かったと思う。

 

こんな作品が日本に増えて欲しい

僕が中学生・高校生の時にこんな作品に出会えていたら、いったいどれくらい救われただろうか、と思わずにはいられない。

この世のあらゆる人は、自分が主人公の物語をもつ権利がある。

ところが、ゲイの登場人物を誠実に扱った作品は数少ない。僕はそんな事態はおかしいと思う。だからこそ、自分をそこに見出しうる作品として『青のフラッグ』は非常に尊い。

日本でこれから作られる作品に期待するのは、ゲイ(を含む性的マイノリティが)「誠実に描かれること」、あるいは「特に意味もなく」描かれることだ。

 

全ての人に、主人公になる権利がある!!

念の為に付言しておきたいのだが、

「ゲイの自分なんか、物語の主人公になるなどおこがましい」
「所詮マイノリティなんだし、ゲイが主人公になるなどおこがましい」

とか思ってる人がいたら、精神的にひっぱたかせてほしい。

いいんだよ!!!!! 

みんな主人公なんだよ!!!!! 

主人公になっていいんだよ!!!!! 

誰の許可もいらないんだよ!!!!!

以上です。

 

むすびにかえて

そんなわけで、『青のフラッグ』から日本の作品全体の話になってしまったが、改めてもう一度。

とにかく『青のフラッグ』、完結おめでとうございました!

未読の人は今すぐお読みください。→ [青のフラッグ 1話を無料で読む]

ご感想・リクエスト




RELATED POSTS
ゲイ・ジェンダー

僕の好きな、ゲイがテーマのウェブ漫画まとめ

2020年1月8日
ライ麦畑のがけ近く
ゲイの主人公がゲイであることに葛藤したり、周りがどうやって接していくか探っていく等、ゲイがテーマのウェブ漫画まとめ。 おすすめの作品を見つけ次第、随時更新します。 向井くん …